2/1よりTest & Go(隔離免除制度) を再開、PCR検査は2回へ変更

タイ入国手順(2021年12月16日以降)

サポート情報

2021年12月16日以降のタイ国籍を有しない方のタイ入国の流れをご紹介いたします。

現在タイに入国することができる63の国・地域に日本も含まれており、一定の条件を満たす場合にはタイ入国に際して隔離免除措置を受けることができます。
補足として隔離免除の言葉が先行しておりますが、実際には到着後のPCR検査の結果が出るまでは、隔離措置施設(SHA+ホテルもしくはAQホテル)にて待機を強いられますのでご注意ください。

大きく3つのカテゴリー「ワクチン接種者(タイ入国時の隔離を免除する措置)」と「ワクチン未接種者(10日間隔離する措置)」、「サンドボックス制度利用者」に分類され、それぞれ必要書類や手続き方法が異なりますので、これからタイへ渡航される方は、条件に見合うカテゴリーにて準備や手続きを進めてください。

カテゴリー1:ワクチン接種者(タイ入国時の隔離を免除する措置)
カテゴリー2:ワクチン未接種者(10日間隔離する措置)
カテゴリー3:サンドボックス制度利用者

カテゴリー1:タイ入国時の隔離を免除する措置

対象者

現在(2021年12月1日時点)日本はタイ王国政府が定めた検疫隔離免除対象国となっており、渡航日までの21日間以上日本を含む検疫隔離免除対象国で滞在している方で、渡航日の14日前までに新型コロナウイルスワクチン接種を規定の回数終えている方

出発前の準備

  • Thailand Pass にて渡航予定日の7日前までにご登録下さい。
    • Thailand Pass システムにて登録後「Thailand Pass QR Code」が発行されますので、チェックインカウンターでの搭乗手続き時、及びタイ到着時の入国手続き時にご提示下さい。
  • 国の公的機関・地方自治体により発行されたワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)
  • PCR検査の結果が判明するまで一晩待機するための隔離措置施設(SHA+ホテルまたはAQホテル)の一泊分予約確認書
    • 予約確認書は、宿泊費等全額支払い済(Fully paidのスタンプ等)が明記されたものをご提出頂く必要があります。
  • 新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む5万USドル以上の治療補償がある医療保険証に加入(タイ国籍者は不要)
  • RT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書(渡航前72時間以内に発行された証明書)

日本出国時(チェックインカウンターでの搭乗手続き時に提示する書類等)

  • 空港のチェックインカウンターにて、受理した「Thailand Pass QR Code」を提示
  • チェックインカウンターでの搭乗手続き時、渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書を提示
    • 各航空会社の新型コロナウイルス検査(RT-PCR)要件が異なる場合がありますので、ご利用の航空会社に直接ご確認下さい。

タイ到着後

  • あらかじめ予約した隔離措置施設(SHA+ホテルまたはAQホテル)にて宿泊
  • タイ到着初日にRT-PCR検査を受けて頂き、後に滞在6~7日目(または症状がある時)に抗原検査(ATK)を受けて頂く必要があります。
  • 初日のRT-PCR検査結果が判明するまでホテルにて待機し、新型コロナウイルス非感染が確認された場合のみ、ホテルの自室より外出が認められます。

カテゴリー2:10日間隔離する措置

対象者

新型コロナウイルスワクチン未接種、もしくは規定の回数終えていない方
(10日間の隔離措置を受けた後、ホテルから出ることができます。)

出発前の準備

  • Thailand Pass にて渡航予定日の7日前までにご登録下さい。
    • Thailand Pass システムにて登録後「Thailand Pass QR Code」が発行されますので、チェックインカウンターでの搭乗手続き時、及びタイ到着時の入国手続き時にご提示下さい。
  • 隔離措置施設(SHA+ホテルまたはAQホテル)の10泊分費用支払い済み予約確認書
    • 予約確認書は、宿泊費等全額支払い済(Fully paidのスタンプ等)が明記されたものをご提出頂く必要があります。
  • 新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む5万USドル以上の治療補償がある医療保険証に加入(タイ国籍者は不要)
  • RT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書(渡航前72時間以内に発行された証明書)

日本出国時(チェックインカウンターでの搭乗手続き時に提示する書類等)

  • 空港のチェックインカウンターにて、受理した「Thailand Pass QR Code」を提示
  • チェックインカウンターでの搭乗手続き時、渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書を提示
    • 各航空会社の新型コロナウイルス検査(RT-PCR)要件が異なる場合がありますので、ご利用の航空会社に直接ご確認下さい。

タイ到着後

  • 予約した隔離措置施設(SHA+ホテルまたはAQホテル)で10日間宿泊してください。
  • 2回(1回目はタイ到着日0~1日目、2回目は8~9日目)のRT-PCR検査を受検して頂く必要があります。
  • 10日間の隔離措置、及び2回のPCR検査の陰性結果判明後に隔離施設から出ることができます。

カテゴリー3:サンドボックス制度利用

対象者

渡航日の14日前までに新型コロナウイルスワクチン接種を規定の回数終えている方が対象で出発国の制限はありません。

サンドボックス対象エリアにて5日間滞在後、滞在期間中に実施した2回分のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書をお持ちの場合は、他県への移動が可能となります。

出発前の準備

  • Thailand Pass にて渡航予定日の7日前までにご登録下さい。
    • Thailand Pass システムにて登録後「Thailand Pass QR Code」が発行されますので、チェックインカウンターでの搭乗手続き時、及びタイ到着時の入国手続き時にご提示下さい。
  • 国の公的機関・地方自治体により発行されたワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)
  • サンドボックス対象エリアのSHA+ホテル5泊分の予約確認書
    • 予約確認書は、宿泊費等全額支払い済(Fully paidのスタンプ等)が明記されたものをご提出頂く必要があります。
    • SHA+ホテルは空港より5時間圏内の移動距離でなければなりません。
    • 5泊以下ご宿泊の場合は、タイ出国航空券を提出して頂く必要があります。
  • 新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む5万USドル以上の治療補償がある医療保険証に加入(タイ国籍者は不要)
  • RT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書(渡航前72時間以内に発行された証明書)

日本出国時(チェックインカウンターでの搭乗手続き時に提示する書類等)

  • 空港のチェックインカウンターにて、受理した「Thailand Pass QR Code」を提示
  • チェックインカウンターでの搭乗手続き時、渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書を提示
    • 各航空会社の新型コロナウイルス検査(RT-PCR)要件が異なる場合がありますので、ご利用の航空会社に直接ご確認下さい。

タイ到着後

  • 予約した隔離措置施設(SHA+ホテル)で5泊してください。
  • 1回目のRT-PCR検査結果が出るまでSHA+ホテルにて待機し、新型コロナウイルス非感染が確認された場合のみ、ホテルの自室より外出が認められます。(サンドボックス対象エリア内のみ移動可能)
  • サンドボックス対象エリアにて少なくても5日間の滞在が必要です。
  • 滞在期間中に実施した2回分のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書をお持ちの場合は、他県への移動が可能となります。

18歳未満の方に対するタイ入国措置(検疫隔離免除又はサンドボックス制度利用)

6歳未満の子供

  • ワクチン接種証明書及びRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書を提示する必要はありません。
  • ただし、保護者と共に渡航しなければなりません。
  • またタイ到着後、唾液(saliva testing)によるRT-PCR検査を受けることができます。

6~11歳の子供

  • ワクチン接種証明書を提示する必要はありません。
  • ただし、渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書が必要となり、保護者と共に渡航しなければなりません。

12~17歳の子供

  • ワクチン接種を少なくても1回終えている必要があります。
  • または、ワクチン未接種の場合は保護者と共に渡航しなければなりません。
  • なお、全ての12~17歳の方は渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書の提示が必要となります。

新型コロナウイルス感染歴がある方に対するタイ入国措置(検疫隔離免除又はサンドボックス制度利用)

感染後3ヶ月以内にタイへ渡航する場合

  • 医療機関より発行された治癒証明書(完治もしくは症状なしと記されたもの)を提示することにより、渡航前のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書が不要となります。

感染後3ヶ月以上経過してタイへ渡航する場合

  • 感染後にワクチン接種を少なくても1回終えている必要があります。
  • なお、感染前に新型コロナウイルスワクチン接種を規定の回数終えている方については、ワクチン接種条件を満たしていると見なされます。

備考

  • 日本を含むタイ王国政府が定めた検疫隔離免除対象国・地域にて渡航日までの21日間以上滞在していない方、もしくは検疫隔離免除対象でない国・地域からご渡航の方については、渡航日の14日前までに新型コロナウイルスワクチン接種を規定の回数終えている場合、サンドボックス制度をご利用可能です。
  • サンドボックス対象エリアにて5日間の滞在が必要になります。