2021年11月1日よりバンコク・パタヤなどで条件付き隔離期間免除の開始

【速報版】条件付き隔離期間免除スタート

サポート情報

2021年11月1日より日本を含む新型コロナウイルス感染の低リスク国からの受け入れが正式に発表されました。

低リスク国として最初に10カ国が予定されておりましたが、今回の発表によると「46カ国」が対象国となります。
対象国が予定以上に増加した背景には、大打撃を受けている観光業界の活性化や各国の要望を受け入れたことによるものとみられています。

隔離期間が免除される条件としては下記の各項目になります。

隔離期間免除の条件

  • ワクチン接種完了証明(タイ政府認定のワクチンに限る)
  • 出発前のPCR検査の陰性証明(タイ到着72時間以内)
  • 5万米ドル(約570万円)以上の保障内容の医療保険への加入
  • 到着後のPCR検査(陰性であること)
  • ホテル予約確認書(SHA+またはAQホテルを1泊分以上)

PCR検査結果が出るまではホテル待機となりますのでご注意ください。

対象エリア

2021年11月1日の対象エリアとなり、以降順次拡大予定となります。

タイ中央部

  • バンコク
  • ペッチャブリー
  • サムットプラカーン

タイ北部

  • チェンマイ

タイ東部

  • チョンブリー
  • ラヨーン
  • トラート

タイ南部

  • プーケット
  • スラーターニー
  • パンガー
  • クラビ
  • プラチュワップキーリーカン
  • ラノーン

タイ東北部(イサーン地方)

  • ルーイ
  • ブリーラム
  • ノンカーイ
  • ウドンタニ