2/27-28, 3/5-6 臨時休業のお知らせ(電話受付業務のみ)

タイでの乗り継ぎ/乗り換えについて

在京タイ大使館

2022年7月1日以降、タイの空港にて国際線乗り継ぎ・乗り換えをする場合、全ての渡航者に対してタイランドパスによる入国許可申請制度が廃止されました。

また、ワクチン接種証明書もしくは新型コロナウィルス非感染証明書、及び医療保険証の提示が不要になりました。
(タイ国内で治療費補償がある医療保険の加入に関しては任意となります。)

なお、各航空会社の搭乗に関する要件が異なる場合があります。
また、乗り継ぎ・乗り換え後の渡航先各国が要求する必要書類に関しても異なりますので直接ご確認下さい。

必要な書類

  1. タイへの飛行機が出発する時刻の72時間前を切ってから検査されたRT-PCR検査の新型コロナウィルス非感染証明書、もしくは新型コロナウィルスワクチン接種証明書。
    (2回目の接種が出発日の14日以上前であること)

    2022年7月1日以降はワクチン接種証明書もしくは新型コロナウィルス非感染証明書の提示が不要になりました。
  2. 新型コロナに対する治療補償が10,000米ドル以上の医療保険証書
    (タイ人の場合は不要です)

    2022年7月1日以降は医療保険証の提示が不要になりました。

重要ポイント

入国条件等は日々更新されます。最新の情報は、IATA(International Air Transport Association)の公式サイトにてご確認ください。
  • 乗り継ぎ/乗り換えは24時間以内です。
    • 通常、航空券は、同一の予約同一の航空券番号で発券が完了している必要があります。
    • 乗り継ぎ/乗り換えの可否については航空会社にお問い合せください。
    • 乗り継ぎ/乗り換えが認められない場合、タイ入国手続きが必要です。
  • 目的地の条件に合わせた医療保険証明書や必要書類を所持している事(必要な場合のみ)