最新情報: タイ入国手順(2022年7月1日以降)

タイでの乗り継ぎ/乗り換えについて

在京タイ大使館

国際線乗り継ぎ/乗り換えが可能な空港

2022年6月1日現在、国際線での乗り継ぎ/乗り換えは、スワンナプーム国際空港、及びドンムアン国際空港、プーケット国際空港のみ許可されています。

  1. BKKスワンナプーム国際空港
  2. DMKドンムアン国際空港
  3. HKTプーケット国際空港

必要な書類

  1. タイへの飛行機が出発する時刻の72時間前を切ってから検査されたRT-PCR検査の新型コロナウィルス非感染証明書、もしくは新型コロナウィルスワクチン接種証明書
    (2回目の接種が出発日の14日以上前であること)
  2. 新型コロナに対する治療補償が10,000米ドル以上の医療保険証書
    (タイ人の場合は不要です)

タイ入国に際して承認されているワクチン一覧

No.ワクチン名規定回数
1CoronaVac (Sinovac)2
2AstraZeneca(アストラゼネカ) / Covishield / Vaxzevria2
3Pfizer(ファイザー)- BioNTech / Comirnaty / Tozinameran (INN)2
4Janssen (Johnson&Johnson)1
5Moderna(モデルナ)2
6Sinopharm / COVILO2
7Sputnik V2
8Covaxin2
9Novavax / Nuvavoxid2
10Medigen2

重要ポイント

  • 乗り継ぎ/乗り換えは24時間以内です。
    • 通常、航空券は、同一の予約同一の航空券番号で発券が完了している必要があります。
    • 乗り継ぎ/乗り換えの可否については航空会社にお問い合せください。
    • 乗り継ぎ/乗り換えが認められない場合、タイ入国手続きが必要です。
  • 乗客は、空港で特別に指定されたルートとエリアを進む必要があります。
  • 空港内は、降機後シールドルートを通り、指定されたエリアでのみ待合が可能です。
  • 指定待合所では、フィジカルディスタンスを取り、マスクの着用、消毒の徹底が求められます。
  • 乗客がイミグレーションを通過する必要がある場合、手荷物を受け取る必要がある場合、または予定よりも遅く発つフライトに搭乗する必要がある場合、下記の手続きが必要です。
    • 乗客が観光ビザ免除制度の資格を持たない場合、トランジットビザを取得。
    • Thailand Pass のQRコードを取得。