2021年11月1日よりバンコク・パタヤなどで条件付き隔離期間免除の開始

隔離期間変更とビザ一時発行停止について

在京タイ大使館

在東京タイ王国大使館より入国条件変更、及び治療目的のビザについてのアナウンスです。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、タイ国内における隔離期間が再度変更(延長)されました。

また、治療目的のビザ(Non-Imigrant–O/Tourist TR-MT)が新型コロナウイルス感染拡大による医療病床の逼迫や医療従事者不足を受け、一時発行停止されました。

タイ入国条件

  1. 2021年5月1日よりCOEを取得した方は、タイ国内における隔離期間は最低で14日間必要となります。
  2. 2021年5月1日までにCOEを取得した方は次の通りです。
    1. 2021年5月1~5日にタイ入国を希望する場合、2021年4月30日までにCOEを取得すれば、タイ国内における隔離期間は最低で10日間必要となります。
    2. 2021年5月6日以降タイ入国を希望する場合、タイ国内における隔離期間は最低で14日間必要となります。

治療目的のビザの一時発行停止

イ国内における新型コロナウィルス感染拡大による医療病床の逼迫や医療従事者不足を受け、タイ政府は、2021年4月19日以降に治療目的で渡航される方へのビザ(Non-Imigrant–O/TouristTR-MT)の一時発行停止を決定致しました。
期間は、タイ国内の新型コロナウィルス感染状況が改善されるまでとし、タイ政府からの発行許可が下り次第、大使館の公式サイトにて発表される予定です。。