ニューハーフショーの老舗「カリプソ」公演を終了

お知らせ

ニューハーフショーの老舗「カリプソ・キャバレー・バンコク」が、2020年10月14日をもって33年の歴史に幕を下ろしました。

華やかな衣装を身にまとった美しいパフォーマー達による歌や踊り、そして笑いありのニューハーフショーは、日本からの旅行者にも人気のナイトエンターテイメントで、特に「カリプソ」はリバーサイドのアジアティークにステージを構える人気の老舗店でした。

現在タイは、新型コロナウイルスの影響により一般旅行者の入国不可の状況が続いております。その影響から来客数が思うように伸びず、また今後も入国規制の解除や緩和が不透明で、外国人観光客がいつ戻るか予想がつかないため今回の閉鎖の判断に至ったとの情報です。

ニューハーフショーの公演は終了になりますが、劇場自体は残してイベントなどを対象としたスペースレンタルの方向へシフトするとのことです。

また、今後の状況次第では公演を再開する可能性もあるそうなので、新型コロナウイルスが早く終息することを願っております。