【7/22-23】臨時休業のお知らせ(電話受付のみ臨時休業)

タイ入国時の規制変更について(続報)

在タイ日本大使館

在タイ日本国大使館より、入国規制に関する各種報道についてのお知らせです。

タイ入国時の規制の変更について、現時点ではタイ政府から一般向け正式発表はありませんが、タイ航空当局から各航空会社に以下の内容の通知が出されていますので、お知らせします。

1月9日(月)以降タイへの入国を予定されている方は、ご注意ください。
必要に応じて、搭乗予定の航空会社のホームページ等をご確認ください。

新型コロナワクチン未接種者、及び規定回数未満の方も到着時の検査を受けることで入国可能となりました。

タイ航空当局からの通知内容

タイに渡航する乗客への入国時の必要事項

  1. 新型コロナワクチンに関する書類
    18歳以上の乗客は、以下のいずれかを提示する必要がある。
    1. 新型コロナワクチン接種完了証明
    2. 新型コロナ感染から回復して6か月 (180日)以内であることを示す医師の手紙
    3. 新型コロナワクチンを接種していない人は、接種しない医学的理由に関する医師の手紙
      ※大使館注:ワクチンの必要接種回数は、ワクチンの種類によって1回、2回、3回と異なります。
      詳細は、ページ下部の外部リンク「タイ民間航空局(CAAT)公式サイト」よりご確認ください。
  2. 新型コロナの治療費を含む保険
    • 情報追加新型コロナに関する入国制限のある国からタイに入国する乗客は新型コロナの治療費1万米ドル以上をカバーする旅行保険に加入していなければならない。
    • 保険加入期間は、タイ滞在期間プラス7日間必要。
    • 情報追加公用および外交官パスポートの保持者、国連関係者は旅行保険要件は免除される。
  3. 以下の乗客は、上記1及び2の書類の提示が免除される。
    1. 18歳未満の乗客
    2. タイのパスポートを保持している乗客
    3. 航空機乗り継ぎのみで、タイに入国しない乗客
  4. 航空会社は必要に応じて上記1及び2の必要書類を確認する必要がある。
    乗客がこれら必要書類を提示できない場合、搭乗は拒否される。
    情報追加乗客が書類を提示できない場合、その乗客は到着した空港で検査を受けることになる。
  5. 情報追加航空会社は関連する規則を遵守しなければならない。
    情報追加食事中や緊急時を除いて乗客には常にマスクを着用するよう求めるなどのガイダンスに従う必要がある。
  6. 飛行機搭乗中に新型コロナの症状のある乗客は、タイ到着時に検査を行うことが推奨される。

ワクチンの必要接種回数は、ワクチンの種類によって1回、2回、3回と異なりますので、下記のCAAT公式サイトよりご確認ください

https://www.caat.or.th/th/archives/70516