2021年11月1日よりバンコク・パタヤなどで条件付き隔離期間免除の開始

タイ入国時の健康観察期間の変更について

在タイ日本大使館

在タイ日本大使館よりタイ入国時の健康観察期間の変更についてのお知らせです。

タイ政府は、10月1日より、タイ入国時の健康観察期間を以下の通り変更しました。

7日間対象者

ワクチン接種完了証明書を保持し、タイ入国時点で接種完了から14日以上経過している者。
ただし、接種したワクチンは、世界保健機関(WHO)ないしタイ保健省による承認を受けたものに限る。

7日間対象者の健康観察期間中のPCR検査

  • 1回目:入国時(0日目)~健康観察初日(1日目)
  • 2回目:健康観察6日目~7日目

10日間対象者

世界保健機関(WHO)ないしタイ保健省による承認を受けたワクチンの接種が完了していない者。
または、ワクチン接種完了証明書を保持しているが、タイ入国時点で接種完了から14日未満の者。

10日間対象者の健康観察期間中のPCR検査

  • 1回目:入国時(0日目)~健康観察初日(1日目)
  • 2回目:健康観察8日目~9日目

14日間対象者

上記(2)に該当する者で、陸路でタイに入国する者。

14日間対象者の健康観察期間中のPCR検査

  • 1回目:入国時(0日目)~健康観察初日(1日目)
  • 2回目:健康観察12日目~13日目

留意事項

  1. 一般的なワクチン接種の対象外である18歳未満の者については、両親などの保護者同伴の下で入国を認める。
    健康観察期間は保護者と同様とする。
  2. 海路での入国の場合、船内に一人でもワクチン接種が完了していない者が含まれる場合、すべての船員・乗員について、10日間の健康観察期間が課される。

例外規定

以下の者は、上記の例外とする。

  1. 首相により許可ないし招待された者。外交使節団、領事団、国際機関もしくはタイ国内で活動する外国政府ないしは政府機関の代表。また、これらの家族。
  2. 原油を輸送するタンカーの船員や洋上採掘施設の作業員、および、タイ運輸省が定める船舶の船員。
  3. タイ国内の拠点を有さない航空機ないし船舶の運行者で、タイ国内の滞在期間が7日未満の者。
  4. タイ国内に拠点を有する航空機の運行者ないし船舶の運行者で、機材から外に出ない、ないし、12時間未満の外出を行う者。
  5. 経済活性化、スポーツ、観光、教育またはそのほか活動のために許可を受けた、ないしはタイ保健省が定める個人または団体については、タイ保健省の定めに従い、健康観察および陰性証明のための検査を実施する。
  6. CCSA防疫措置緩和検討小委員会が首相に提案して承認された個人または団体については、タイ保健省の定めに従い、健康観察および陰性証明のための検査を実施する。