2021年11月1日よりバンコク・パタヤなどで条件付き隔離期間免除の開始

プーケット・サンドボックス日本からの観光客も対象へ

在タイ日本大使館
日本からの渡航者はビジネス目的のみ対象となっておりましたが、一般旅行者も対象となりました。

2021年7月1日より運用が開始されたプーケット・サンドボックス制度について、在タイ日本大使館から新たなご案内です。

プーケット・サンドボックスについて、大使館からのお知らせで、日本からの渡航者についてはビジネス目的に限定される旨お伝えしましたが、今般、タイ政府による対象国・地域の見直しに伴い、日本からの渡航者に対するこの限定がなくなり、観光目的での渡航も可能になりましたので、改めてお知らせします。

  1. プーケット・サンドボックスを利用して日本からプーケットへの渡航を検討される方は、渡航に際して必要となる書類・手続き等の詳細について、在京タイ大使館の公式サイトをご確認の上、ご不明な点は同大使館にお問い合わせください。
  2. ワクチン接種証明書については、在京タイ大使館の公式サイト上で、「ワクチン接種証明書が英語でない場合は、必ず英語訳を添付する必要があります。」とされており、英訳フォームも掲載されていますので、こちらをご確認ください。
  3. フライトについては、引き続き(7/9現在)、日本からプーケットへの直行定期商用便は運行されていません。

フライトについて

現在(7月9日現在)、日本からプーケットへの直行定期商用便は運行されていません。
  1. 日本の空港を発ち、バンコク・スワンナプーム国際空港で乗り継ぐ場合、プーケット・サンドボックス利用客専用のチャーター便を利用する必要があります。現時点(7/9時点)で、日本とタイの直行定期商用便を運行する日系航空会社では、プーケット・サンドボックス利用客専用のチャーター便との接続は始まっていないとのことです。
  2. プーケット・サンドボックスの下、日本の空港から第三国の空港を経由してプーケット国際空港に向かう(例えば、シンガポール航空により、日本の空港からシンガポール・チャンギ国際空港を経由してプーケット国際空港に向かう)ことは可能とのことです。
  3. プーケット・サンドボックスによるプーケット渡航を検討される際は、ご利用される航空会社にプーケット国際空港への乗り継ぎが可能か予めご確認ください。