エアポートレールリンク(動画)

【バンコク】エアポートレールリンク

スワンナプーム空港駅とバンコク市内を結ぶタイ国鉄が運営する高架鉄道で、2010年8月23日に正式開業しました。
エアポートレールリンク開通により、スワンナプーム空港からバンコク中心部への所要時間は大幅に短縮され、かつ料金もメータータクシーと比較して大幅に安価となりました。

最大のメリットは、渋滞に巻き込まれることなく「空港=バンコク間」を移動することが可能になったことです。
空港到着後、バンコク市内まで渋滞に巻き込まれることなく移動が可能で、帰国日もギリギリの時間まで観光やショッピングなどをお楽しみいただけます。

【完全ガイド】エアポートレールリンク
エアポートレールリンクとは? 2010年より正式運行を開始したエアポートレールリンク、タイの玄関口、スワンナプーム国際空港からバンコク市内までを結ぶ空港連絡線として、また地元タイ人の足として運行しています。料金は乗車区間により異なりますが...

路線の全長は28kmの8駅、「エクスプレス(Suvarnabhumi Airport Express / SA Express Line)」、現在は各駅停車の「シティー・ライン(Suvarnabhumi Airport City Line / SA City Line)」のみ運行、地下鉄の接続駅であるマッカサン駅は、各航空会社のチェックイン機能を持つシティー・エア・ターミナルとなっています。

現在、シティー・エア・ターミナル機能は休止中です。

空港から終着駅までの所要時間は、シティー・ラインが30分となっています。

  • SA City Line
    • 経路:空港駅〜パヤータイ駅
    • 所要時間:約27分
    • 料金:15-45バーツ
    • 備考:各駅停車